所作美人のヒント

自分らしくあること、自分を大切にすること、人を大切にすること。凛とした強さと優しさを携えて。

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.264

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.264

「躾と嗜み」


礼儀作法の学びには、
二段階あるといわれます。


STEP1:躾(しつけ)
STEP2:嗜み(たしなみ)


「躾」は、教えられたとおりにやってみること。

漢字の通り、身を美しく整えます。

なので、立ち方、座り方、歩き方、
物の扱い方、話し方、使う言葉、
受け答えの仕方 などなど・・・

教わったとおりにすることで、
振る舞いを美しく整えていきます。


そうやって教わったことを
素直に実践していると、

次第にそれが、自分でも
「気持ちの良いこと」だと感じ、

”自ら進んでやりたい”と思えてくる。

これが「嗜み」です。


「嗜む」には「好んで親しむ」
という意味があります。

最初は、教えられたとおりに
やっていただけだとしても

自分でも ”心からそうしたいな”
と思えて行動するようになったら、

それは「嗜み」になった、というわけですね。


だからこそ、所作を行うときは
「やり方」だけでなく、

その時の「感情・気持ち」に
意識を向けてほしいと思っています。


やっていて
「あぁ…心地良いなぁ」と
実感しながら取り組むことで

「嗜み」に一歩一歩近づいていきます♪

あなたの所作は今、
「躾」「嗜み」どちらの段階ですか?


(参考文献:「行儀作法の教科書」横山験也 著)

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.263

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.263

今日は「所作美人のヒント」において
とても大事なことを書きます。


私は、仁礼塾でのレッスンを通して、

【自分は、人や物に対して
 丁寧に誠実に接する人間なんだ】

という、良い意味でのプライド(矜持)、
誇り・信念 を育ててもらいたい・・・

という気持ちでレッスンをしています。


その「誇り・信念」が
自分の行動を律してくれ、

心の中の「ブレない軸」に
なってくれるからです。


周りに振り回されたり、
自分の感情に必要以上に振り回されない
「軸」になってくれるのです。


所作が上手に美しくできるようになれば
それは自信になるけれど、

たとえ、まだ上手でなかったとしても

【自分は、人や物に対して
 丁寧に誠実に接する人間なんだ。
(そういう人間でありたいんだ)】

という信念さえあれば
それが「軸」になります。

むしろこちらのほうが
はるかに大事です。


たとえ所作が上手でも、
心に「誇り・信念」がなければ、

それはただマニュアル的に
動いているだけの可能性が高い。


まずは、

【自分は、人や物に対して
 丁寧に誠実に接する人間なんだ】

と決める、決断する、ことからです。


そして、その信念にふさわしい行動を
少しずつ取っていくことです。

ぜひ誇りを持って行動してくださいね。
私もがんばります。

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.262

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.262


先日、少し狭い通りを歩いていたとき
向こうから歩いてきた30代くらいの女性と
すれ違いざまに肩が軽く当たりました。


あ、ごめんなさい、といって
軽く会釈したところ

「チッ」と舌打ちしたのち
「うぜぇなぁ...」と睨まれてしまいました。

こういうのって、
イヤ~な気持ちになりますよね…(TT)


職場なんかでも、
無礼な態度をとられたり、
失礼な言葉を言われたりして
イライラさせられることもあるでしょう。


そういう相手には、
どう対処したらいいんでしょうかねぇ...。

という話を生徒さんからもよく聞きます。


こういう時、
お釈迦様のエピソードを思い出します。

・・・・・

多くの人たちから尊敬されている
お釈迦様に対して嫉妬している男がいました。


その男は、人がたくさん集まる場所で
お釈迦様をひどく罵って、
恥をかかせてやることにしました。


そして男は、群衆の中で
お釈迦様の前に立ちはだかり、
ひどい言葉をたくさん投げかけます。


お釈迦様は…ただ黙って、
その男の言葉を聞き続けます。


その様子を見ていた弟子たちは

「あんなひどいことを
言わせておいていいのですか!?」

と言いますが、
それでも黙って聞いています。


そして、お釈迦様は
その男に静かにたずねました。

「もしも、
他人に贈り物をしようとして
相手がそれを受け取らなかったら、
その贈り物は一体誰のものだろうか。」 


男は答えました。

「そりゃ、相手が受け取らなければ
贈ろうとした者のものだろう。
わかりきったことを聞くな!」


そう答えてから、

男は「あっ!」と気づきました。


渡したものも、
相手が受け取らなければ自分に返る。


「そう。今あなたは、
私のことをひどく罵った。

でも私はその罵りを
少しも受け取らなかった。

だから、あなたが言ったことは、
全てあなたが受け取ることになるんですよ。」

・・・・・


もちろん、
そんな簡単に割り切れないことも
あるかもしれません。


でも、ひどいことを
言われたりしたときは、

このエピソードを
思い出すようにしています。


自分が受け取らなければいい。
そうすれば、相手に返るから。


そういう風に考えると、
心のざわめきが、すこし収まるような
気がしてきます(^_^)


今週も、心穏やかに過ごせる
一週間でありますように♪

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT