FC2ブログ

所作美人のヒント

自分らしくあること、自分を大切にすること、人を大切にすること。凛とした強さと優しさを携えて。

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.297

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.297

『自分の声、好きですか?』


前回「文字」にも非言語の要素がある、
と言うことを書きました


今回は『声』についてです。

声も、非言語の要素として相手に何らかの印象を与えますが

生徒さんのお話を伺っていると

『自分の声がキライ』

という方が、とっっっても多いです。


会話をしていて、声が変だなんて
1ミリたりとも思わないのですが、

ご本人は、さまざまな理由で
『自分の声がキライ』と思ってしまっています。


もちろん何かきっかけがあったのだと思います。

色々な理由があるのだとしても、

・自分の声がキライ

→だから声が小さかったり、はっきり喋らない

→はっきり喋らないから聞き取りづらい

→なので聞き返されたり、うまく伝わらなかったりする

→ますます自分の声がキライになる

という悪循環に陥ってしまうことも…。


発声を変えたり、
声のトーンを変えたり、
滑舌を良くしたりすることは
トレーニング次第でいくらでもできます。


生まれ持った“声そのもの”は
それほど変わらなかったとしても

「印象」はいくらでも変えられます。


声も個性です。

どんな声も魅力的です。

自分の声がキライなんて思う必要まったくないです。


なによりも、自分の気持ちは
声を通して伝わります。

相手にきちんと伝わることの方が大事です。

自信をもって気持ちよく声を出していきたいですね♪

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.296

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.296

『字、 丁寧に書いてますか?』

コミュニケーションには
「言語」 と 「非言語」二つの要素があります。

『ことば』(言語)と、
『表情、態度、身振り手振りなど』(非言語)ですね。

これらが掛け合わさって相手に伝わります。


例えば、あなたが旧友から手紙をもらったとして

ワードで打ってプリントアウトした手紙と
手書きの手紙では、

全く同じ内容だとしても、
手書きの方がなんとなく温もりがあると感じる方は多いと思います。

同じことが書いてあるのに感じ方が違うということは

『文字』にも "非言語の要素" がある、
ということです。


以前、レストランで領収書を切ってもらったとき、

私の宛名が、殴り書きのような字で書かれていて
ちょっとやな気持ちになったことがありました。

これも ”非言語” の部分で、
自分の名前をぞんざいに扱われた、 という
メッセージを(勝手に)受け取ったわけです。
(書いた方はそんなつもりがなかったとしても)


私たちは、見聞きするあらゆるものに、
何らかの「意味」を(自分で)付け加えています。

『雪が降る』というのは、
実際は単なる気候の現象でしかないけれど、

朝起きて カーテンを開けた時
外が真っ白な雪で覆われているのを見て

うわぁ…(やだな…) と思ったり
うわぁ!(ワクワク!) と思ったり、

『雪がふっている』 という一つの事実に、
人それぞれプラスアルファの感情を付け加えるのが人間です。

『領収書に名前が書かれた』 という一つの出来事に
何らかの意味を感じ取ってしまうのです。


『何を言うか』 と 『どう言うか』
『何を書くか』 と 『どう書くか』

言語と非言語は 掛け算で 相手に伝わります。


字は、お手本のように綺麗である必要は全くないし
人それぞれの個性はむしろ味になるけれど、

いわゆる美文字でなくても、
「丁寧な字」ではありたいなとは思います。

その字は、まるで顔の表情のように
相手に何らかの印象を与えているはずです。

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.295

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.295

『 食後の景色 』

私が夫と一緒に、フレンチの
ビストロを営んでいた頃のこと。

とてもとても印象に残っている
お客様がいらっしゃいます。


月に一度、お給料日。
一人でランチに来てくださっていた
若い女性のお客様です。


メニューをじっくり吟味して選び

一口ずつゆっくりと味わって召し上がります。


そして毎回驚かされるのが、

食後にお皿を下げに行くと

ここには本当に料理があったのだろうか…?

と目を疑うほど

お皿がきれいなのです。


ソース一滴残っておらず

大げさでなく、本当にピカピカなんです。


おそらく懐紙などで、最後きれいに
拭き取って下さっていたのではないかと思います。

でも、その懐紙も持ち帰られていて、
残されてはいません。


お帰りの際は、

「ごちそうさまでした。
美味しかったです。
お給料日に来るのが、
毎月の楽しみなんです。」

と言って、笑顔でお店を後にされます。


その20代くらいの若い女性の
「食事と向き合う姿勢」に、

本当に感動させられ、ずっと忘れられません。


『 食後の景色の美しさ 』

というものを教えて下さった方です。


一方で…

これは猛獣が食べたのか…?と思うほど

汚く食べ散らかし、無残に食べ残され、

あまりの見苦しさに、呆然としたこともありました。


「立つ鳥あとを濁さず」は、日本人の美徳。

食事は綺麗にいただく。

残ったものは綺麗にまとめる。

箸もそろえて戻す。

席を立ったらイスもきっちり戻す。

食事中のマナーも大事ですが、

「最後」 を丁寧に。

その美しさは、ずっと心に残ります。

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT