所作美人のヒント

自分らしくあること、自分を大切にすること、人を大切にすること。凛とした強さと優しさを携えて。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.145

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.145

『 主体性の大切さ 』

----------------------

ロバを飼っていた父親と息子が、そのロバを売りに行くため市場へ出かけました。

2人でロバを引いて歩いていると、それを見た人が言いました。

「せっかくロバを連れているのに、乗りもせずに歩いているなんてもったいない」

なるほどと思い、父親は息子をロバに乗せました。

しばらく行くと別の人が、

「元気な若者が楽をして親を歩かせるなんて、ひどいじゃないか」と言うので、

今度は父親がロバにま たがり、息子が引いて歩きました。

すると別の者が「自分だけ楽をして子供を歩かせるとは…。一緒ににロバに乗ればいいだろう」と。

それはそうだと、2人でロバに乗って行きました。

するとまた「2人も乗るなんて、重くてロバがかわいそうだ。」と言う者が。

それではと、父親と息子はちょうど狩りの獲物を運ぶように、

1本の棒にロバの両足をくくりつけて吊り上げ2人で担いで歩きました。

しかし、不自然な姿勢を嫌がったロバが暴れだしました。

不運にもそこは橋の上で、暴れたろばは川に落ちて流されてしまいました。

結局親子は、苦労しただけで一文の利益も得られませんでした。

----------------------

これは 「ろばを売りに行く親子」というイソップ寓話の一つです。

この寓話の教訓は、「他人の意見に振り回され主体性のない行動を取れば

時としてひどい目に遭うので気をつけよ」とのこと。

もちろん適切な判断をするためには色々な意見を聞く事は大切ですが、

その意見を取捨選択する基準を持たないと、次から次へと入ってくる情報に

振り回されることになってしまいます。

人は、自分の考え方や行動に自信が持てないとき、

他人の不用意なアドバイスに心を惑わされやすくなるようです。

「我を張る」のでもなく、「振り回される」のでもなく

まずは自分の中に、しっかりとした【判断基準という軸】を設けることが大切ですね。

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪ 凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

凛とした所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

関連記事

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT