所作美人のヒント

自分らしくあること、自分を大切にすること、人を大切にすること。凛とした強さと優しさを携えて。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.180

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.180

『 理想像という目的地 』

娘がまだ小学校4年生くらいのころ、

「図工が嫌い」と言っていた時期がありました。

理由を聞いてみると、

『 作りたい物や描きたいイメージは頭の中にあるのに、

それをうまく表現できないから、つまんない・・・』

っていうんですね。

技量が足りなくて、思った通りに形にできないわけですね。


この場合、たとえば美術の先生から

こういう風に線を引くと立体的になるよ、とか

こういう色遣いをすると濃淡が出るよ、とか

この道具はこう使うとこういうものが描けるよ、など

教えてもらって、かつ練習を重ねることで、

少しずつ描きたいイメージに近付けるかもしれません。


立ち居振る舞いにおいても、やり方やスキルは

この美術の先生のアドバイスのようなもので、

まず在りたい姿、イメージありきで、

それを具体的なカタチにする段階で、初めて活かされるモノです。


1、こういう風になりたい、という理想の姿がある

2、そのために今、身につけるべきことはコレとコレ

3、だから、この練習をする必要がある


という風に考えれば、何のために稽古しているのかがブレません。

所作のレッスンは、自分の在りたい姿やイメージに近づくための具体的な方法です。

イメージが曖昧なままでは、地図を持たずに全く見知らぬ土地を旅するようなもの。

まず何よりも、自分の理想像という目的地をくっきり明確にすることからスタートです☆

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪ 凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

凛とした所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP


関連記事

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT