FC2ブログ

所作美人のヒント

自分らしくあること、自分を大切にすること、人を大切にすること。凛とした強さと優しさを携えて。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.301

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.301

2019年も一週間が経ちました。

1月は、レッスンの予約が
もっとも早く埋まる月です。

新しいことを始めたい、
止まっていたことを再スタートしたい。

1月はそんなことを思わせてくれる月ですね。


せっかく何かをスタートするならば

「最初」を大事にする。

やっぱり何事も「最初」が肝心。


【 散歩のついでに
 富士山に登った人はいない

 登ろうと決意した人だけが
 登ったんだ】

という言葉があります。

はじめるときの、
覚悟と決意と準備の大切さ。


なぜそれをするのか。

何のためにするのか。

深く掘り下げて
最初にしっかり向き合っておく。


必ず途中でブレる時が来るから

そのとき「初心」に戻れるように

初期設定をしっかりしておく。


スタート時はテンション高いから

けっこう頑張れそうな気がしちゃうけど

だんだん息切れしてきたり、
飽きてきたりするから

そうなることも ”織り込み済み” で
計画を立てる。


1月のスタート時に、

「最初が肝心!」ということを
どれだけ真剣に思えるかで、

どれだけ継続できるかも変わってくる。

そう言い聞かせつつ、

私も2019年の目標にむけて
邁進します!


本年も「所作美人のヒント」を
どうぞ宜しくお願いいたします!

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.300

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.300

2018年最後の月曜日が
ちょうど12/31ということで
今年最後のメルマガです♪


先日、プロ体操選手・内村航平さんが
子供たちに「逆上がり教室」を行った
というニュースが目に留まりました。


内村選手は生徒たちへのお願いとして

「僕とやる逆上がり教室なので、
 できれば美しくやって下さい。
 僕が一番大事にしていることなので。」

とおっしゃったとのこと。


何気ない一言ですが、

【美しい体操】を大事にする

内村選手の矜持が凝縮された言葉。


ただ逆上がりができればいい、

ではなく

”美しく” やる。


シンプルですが、
この「意識の有無」が、

自分の振る舞いを変える分岐点。


『 ただやればいいのではなく

 できるだけ美しく。』

意識を一段上げると、

”作業” が ”所作” になります。


このメルマガは、

日々当たり前の行動すぎて、
”作業” になってしまっていることを

あ、もう少し丁寧に向き合おう。と、

週に一回、心の襟を正すきっかけに
なれたら…という思いで送っています。


『ただやるのではなく、美しくやる』

シンプルな言葉は、心に留めやすいです。

スローガンのように、
いつも心で思い続けるだけでも

振る舞いへの意識が変わるはずです。


2018年も、このメルマガを通して
『美しい所作と、その心の在り方』
と向き合ってきました。


来年も、背すじがスッと伸びるような
メルマガをお送りするべく、
私自身、精進してまいります。


今年一年「所作美人のヒント」に
お付き合い頂き、本当にありがとうございました。

2019年も、どうぞ宜しくお願いいたします!

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【所作美人のヒント】 VOL.299

【所作美人とは】
自分のことも、相手のことも、同じように大切に思え、大切に振る舞える人。
笑顔の連鎖をつなげられる人。

*~*~*~*~*

【所作美人のヒント】 VOL.299

『謙虚とは堂々として過信しないことだ。
 それは断じて卑屈であることではない。』

by 中岡慎太郎


謙虚と卑屈は、似て非なるものです。

所作、礼儀作法、敬語などは、
相手に敬意を払うがゆえに
自分を少し控えめにし、相手を立て、
慎ましくあります。

でもそれは、
決して卑屈なものではありません。


謙虚と卑屈の大きな違いは、
自信(芯)の有無。


謙虚な人は、根底に自信があり
卑屈な人は、自信がありません。


謙虚な人は、自信があるからこそ
出来ないことは出来ないと言えるし、

向上心をもって素直に人から学べます。
人から言われたことを、受け止めることができます。


根底に自信があるから、
自分を控えめにしたり、相手を立てても
気持ちの上では何の問題もありません。


謙虚な人は、控えめだけど、
心は堂々としているのです。


一方、卑屈な人は自信がないので
素晴らしい人を見たときに、

それに比べて自分は…とか
やっぱり私はダメだ…と思ったり、

自尊心を保つために
相手のアラ探しを始めたりします。

なので、相手の長所を素直に見ることも、
気持ちよく相手を立てることもできません。


卑屈にならないためには
少しずつ自信を育てていくこと。

人と自分を比べない

自分で決めたこと(自分との約束)を守る

出来なかったことより、
出来たことにフォーカスする

自分で自分を信頼できるような
行動をたくさん取る

人にやさしくする

etc

時間はかかるけれど、
『自信の種』 をコツコツ育てることが、

堂々として謙虚な自分であるための道
なのだと思っています。


謙虚そうにしながら実は卑屈になっている、
というのは所作美人ではありません。

本当の意味での謙虚さを手に入れたいですね。

*~*~*~*~*

今日は残りの人生で一番若い日♪

凛とした姿勢と温かい言葉で充実の一週間を!

所作で女性は変わる【 仁礼塾 】HP

| メルマガ | 08:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。